2017年08月20日

岐阜県土岐市 核融合科学研究所の重水素実験

今更ですが、ついに始まってしまっていますね…

小柴先生も反対されています。

http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-1832.html
posted by 虹色 at 21:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

ビバ!地産地消

オリエンタル
【米粉カレールウ】
http://www.oriental-curry.co.jp/products/original/pr_original_011.html
地元のスーパーに仕入れてもらうようお願いしてみましたが、却下されてしまいました。・゜・(ノД`)・゜・。

HPより
→愛知県産の米粉を100%使用したカレールウを開発しました。愛知県は全国有数の工業県であると同時に、農業県でもあることから、いいともあいち運動に参画し、農林水産業が果たす役割を意識した商品となっています。
 
カレールウの主原料である小麦粉を、全て米粉に置き換え、独自の直火焼製法により丹念に焼き上げ、脂質をおさえたフレークタイプにしました。化学調味料・着色料を使わず、魚醤、酵母エキス、ココアパウダーを使用することで、味に深みを出しています。

************

  米粉 ⇒ 製造:愛知県、原料原産国:愛知県
  植物油脂(パーム油、菜種油) ⇒製造:大阪府、原料原産国:マレーシア等
  カレー粉 ⇒ 製造:兵庫県、原料原産国:インド、中国等
  食塩 ⇒ 製造:兵庫県、原料原産国:兵庫県
  砂 糖 ⇒ 製造:岡山県、原料原産国 オーストラリア、東南アジア等
  酵母エキス ⇒ 製造:タイ、原料原産国:タイ
  味噌 ⇒ 製造:愛知県、原料原産国:中国等
  香辛料 ⇒ 製造:滋賀県等、原料原産国:中国、東南アジア等 
  チキンブイヨン ⇒ 製造:長崎県、原料原産国:日本、中国等
  トマトペースト ⇒ 製造:ポルトガル、原料原産国:ポルトガル
  リンゴペースト ⇒ 製造:ニュージーランド、原料原産国:ニュージーランド
  チャツネ ⇒ 製造:愛知県、原料原産国:ニュージーランド等
  魚醤 ⇒ 製造:静岡県、原料原産国:メキシコ等
  ココアパウ ダー ⇒ 製造:埼玉県、原料原産国:南アフリカ等
  オニオンエキスパウダー ⇒ 製造:フランス、原料原産国:ヨーロッパ
posted by 虹色 at 20:12| Comment(0) | okfood ngfood | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

あそびにおいでん!プロジェクトin愛知 のお知らせ

http://oiden-aichi.seesaa.net/

福島の子ども達に、夏休みの数日間を岡崎で過ごしてもらう保養キャンプ企画です。

心の応援金(募金)も、ボランティアも大募集中!

8/8〜始まります。

詳細は上記HPをご覧下さい。

posted by 虹色 at 01:00| Comment(0) | お知らせ 募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

お魚食べたい(@ ̄ρ ̄@)

http://s.ameblo.jp/pb-onwa/entry-11252346296.html
より一部転載。
↓↓

原発がない酪農王国ニュージーランドの、
白身魚ほき。
とか、
ニュージーは、鯵もあるよ。目鯛もある。
鯵は、オランダでも安いらしい。
オランダ産あじの干物とか、日本でも売ってるはず。
デンマークのカラスかれいとか、スーパーでもみたことある。

南アフリカタンザニア湖の、ナイルパーチ(スズキみたいな味)
とか、
ノルウェー大使館に、ノルウェーの魚についていろいろ聞いてみたけれど。
ノルウェーサバは、だいじょうぶそうです。
検査監視体勢は、しっかりしているみたい。
福岡で切り身にしているのを、OKフードにしてる。
福井に、サバ寿司ってあるでしょ?
福井のサバは、昔よりとれなくなっているし、てごろなサバ寿司は、
ノルウェーサバをつかってるっていうね。

サーモンは、慎重にってかんじかな?北海道のは、
缶詰になったやつが22Bq/kg だった。
だから、ノルウェーとチリのほうを、許してる。
どの魚も、たくさん食べるものじゃなく、ちっさく 味わうものだとおもうし。
月に、なんかいとか、決めるとか。


台湾のうなぎ。という手もある。
あんまり沢山は、でないものみたいなのだけど、品質は良いです。
もし、スーパーでみかけたら、トライしてみて。


それと、バンダジェフスキー博士も、「塩漬けにしておるのは、よいこと」って
おっしゃってた。
塩麹に漬けたやつだったんだけど。
300万円もする検査機械を持っていないので、
どんな魚でも、
ふっつうに、塩で、「放射能を減らすしたごしらえ」 お酢水でも洗う。
それを、習慣にする。


貝は、だめです。 あいつは、海を綺麗にするために 呼吸するから。
しーおーひーがーりーは、 だーめ。

いわしとか、しらすが大好きだったけど、
事故後からぜんぜんたべていません。
たぶん、現地で、獲れたてのものだったら、食べるとおもいますオトナだし(西のね)。

あとは、栄養的に、
亜麻仁油(フラックスシードオイル)を、スプーン一杯 それを熱を加えないで。
それを毎日、あげてください。
サラダにかけたり、ひややっこにかけたり、
そうすると、お魚さんをたべたのとおなじ栄養がとれます。
posted by 虹色 at 04:29| Comment(0) | okfood ngfood | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去の大気圏核実験時代との比較

http://8245.teacup.com/genpatu/bbs/1794
より転載。

↓↓

「 〜〜
他方、生乳については、最も値が高い1963年でも4.82なので、2011年度はCs137単独で5Bq/リットル以上汚染された牛乳は飲んではいけなかった。さらに2012年度は3Bq/リットル以上汚染されたものは飲んではいけない。それが過去の大気圏核実験時代の汚染程度を上限とした場合の安全基準だ。2013年度は、1.5Bq/リットルにすべき。大気圏核実験時代には、セシウム134も常時降下していたので、セシウム134,137合計で考えるなら単純に2倍した値が安全基準だといえよう(Cs134,137は1対1で生成される)。

生乳:単位Bq/リットル(生)[Cs137のみ]
1961 検出されず N=6
1962 検出されず N=36
1963 4.82 6.96 N=120 ←この年だけ値が高い
1964 2.93 2.88 N=162 ←2012年度はこの値を上限値とすべき
1965 1.54 0.72 N=114 ←2013年度はこの値を上限値とすべき

牛乳は乾燥させると濃縮されて汚染レベルが上昇する。ちなみにストロンチウムについては、生乳/粉乳ともに大気圏核実験時代の方が汚染はひどい。海産物については、1960年代平均で数Bq/kgだ。海産物の汚染がひどい。1000Bq/kgを超えるような海産物が検出される事態は未曾有の事態。日本人は、大気圏核実験時代に汚染牛乳を飲んでいても、海産物からカリウム・カルシウムを摂取することで、汚染牛乳中に含まれるセシウム・ストロンチウムを中和してきたのだろう。
 穀物(小麦・米)についても上限値が数ベクレル。こうしてみると、乳製品だけ汚染レベルが他の食品と比べてひどいということになる。牛肉も危ない。なお、お茶は大気圏核実験時代でも90Bq/kg程度の汚染は見られる(お茶は蓄積しやすい)。しかし、500Bq/kgを超えるようなものは出回っていない。各自、「環境放射線データベース」で計算してみれば分かる。

環境放射線データベース
http://search.kankyo-hoshano.go.jp/top.jsp

大気圏核実験時代の食品汚染レベルを上限値とするならば、東日本で農業・漁業・畜産業を止めなければならない。それが、過去のデータから言える厳しい結論だ。
東日本の人間は、西日本と北海道から食糧を送ってもらうしかない。大気圏核実験時代よりもひどく汚染された食物を食べることは、ロシアンルーレット。バンダフェフスキー先生が指摘しているような事態になろう。つまり、心筋梗塞の嵐。」
posted by 虹色 at 04:08| Comment(0) | 基準 食品 震災前は・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三重県民の尿からセシウム

http://www.keitousagi.com/kensas/detail/457
より。

セシウム134 : 0.051Bq/Kg
セシウム137 : 0.072Bq/Kg

フクイチ事故後、いちども愛知県から北には行ってません。
運悪く昨年は、事情により外食・お惣菜弁当を買って食べる生活でした。
たまにスーパーで生鮮品を買う時は、西日本産を選んでいました。
西日本に流通する飲食物により、これだけ被爆すると分かりました。
今は、食生活をコントロールできる状況に変わったので、
これからセシウム不摂取&排出の努力をしていきます。
子供がほしいこともあり、また半年後に再検査したいです。

〜以上転載終わり〜

ちょっと気にしてる人でこのくらい。

尿検査で出た150倍(←最大)が体内に蓄積されているとのことなので、この方は最大18.45ベクレル/kgってことか…

うちも近い数値が出そう(>_<)
子ども尿検査したいけど2リットル採尿しなきゃいけないらしくハードル高いです(´Д` )
*一般に体内汚染が5ベクレル/kgの場合、15%に心電図異常が生じてくる。12-25ベクレル/kgでは60%に異常。30bq/kg以上になると代謝異常が生じ、心筋に顕著な影響が起こってくる。100ベクレル/kgではほぼ100%で心臓に異常が出る。
posted by 虹色 at 04:03| Comment(0) | 体への影響 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

大井川…。・゜・(ノД`)・゜・。

YouTube「島田市 最終処分場 雨の日」
http://m.youtube.com/?reload=3&rdm=m4kh7d3vv#/watch?desktop_uri=%2Fwatch%3Fv%3DRFezsYgYdk0&v=RFezsYgYdk0&gl=JP

ビックリするほど杜撰な飛灰の管理。
雨で崩れて流れ出て最終的には大井川へ…

瓦礫焼却で心配なのは水源の汚染(>_<)
posted by 虹色 at 07:19| Comment(0) | 瓦礫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とにかく燃やしたいらしい

愛知県と蟹江町長と海部津島環境事務組合が会談しました。
- 吉川みつこの「気ままな日記」 http://t.co/zWdXPXUo
より

@愛知県は、県独自の基準を作成後、「全市町村(なるべく多く)」に試験焼却を希望。

@近日中に市町村長と懇談の場を設定。

@受入量、対象物、どこの瓦礫・・・何も決まっていない 。

@地元説明=今後検討する。

@焼却灰の処分は、今後市町村と協議。

@基準は、専門家が作成中 。


『どこからどれだけ何を持ってくるのかもわからないなど、あれもこれも決まっていない中、試験焼却に協力せよ』

ってことですね。

なりふり構わず、とにかく早く燃やしたいんだな、ということは伝わります。

いくらなんでも乱暴じゃないか?

瓦礫総量の試算(←広域処理希望以上の量が減った)で広域処理の必要がないことが分かってしまったので、世間に広まる前に規制事実を作りたがってるのか?

そんなに急いで持って来られる物がちゃんと計測されてるか不安。

島田は、でっかいコンクリート入ってるのに気づかず、一時焼却ストップしたんでしょ?
その程度の管理で、濃度のまばらな汚染を把握してるとは思えず…
電池とかアスベストとか分別してるとも思えない。

膨大な量だから仕方がない?
だから何でも燃やしちゃえ?

原発施設内では、今でも100ベクレル以下の物でもコンクリートで固めてドラム缶に詰めて六カ所村に送ってるんでしょ?

瓦礫なら8000ベクレルまでは燃やしてオッケー、って何じゃソリャ?

ガンガン燃やされてる被災地周辺も心配( ; ; )

広域処理や焼却以外の方法で安全に処理する可能性を探った形跡はあるのか?

震災後間もなく広域処理法案が通ってたから、元々廃炉を視野に入れて100ベクレルの基準を上げて「混ぜて薄めてリサイクル☆」を狙ってたのでは?、という情報も目にしたり…

そもそも沖縄や九州にまで膨大な量の瓦礫を運ぶ、って。運送費はタダなんか!?


はぁ。なんだかなぁ…
posted by 虹色 at 07:16| Comment(0) | 瓦礫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

ありがとうございました

5月12日(土)池田先生、矢ケ崎先生の講演会@刈谷へ
お越しいただいた方々
カンパやチケット購入で支援して頂いた方々
チラシ配布などのご協力を頂いた方々
皆様へ、ご報告とお礼を申し上げます。
 
来場者数など、両部延べ 454名
福島子ども基金へ181,842円寄付となりました。

講演一週間前の事前集計では、ほとんどチケットが売れておらず顔面蒼白になりましたが、蓋を開けてみれば大盛況!
講師の書籍やチャリティグッズも沢山購入していただけて、感謝感謝です。

本当にありがとうございました!!
 
posted by 虹色 at 06:46| Comment(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

タイ産のイワシ缶

ブログ『チダイズム』
http://t.co/nNeJHHTv
より転載
↓↓
タイ産の「いわし」の缶詰から、検出限界値以下ですが、セシウムが検出された可能性があります。
日本の魚がタイに輸出され、缶詰になって逆輸入される「魚ロンダリング」の可能性を示すものです。
外国産缶詰も要注意。

チダイズムさん、前置き長っ!でも面白いです( ̄▽ ̄)
posted by 虹色 at 01:27| Comment(0) | 汚染情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする