2012年03月23日

給食にどこまで求めるか

色々な考えがあると思いますが、こちらのサイトのまとめは分かりやすくて参考になるのでリンクを貼ります。
是非ご覧になってみて下さい。

江南岩倉周辺のお母さん達の集まり「おひさま料理くらぶ」のブログ

http://nikonikotanuki.blog32.fc2.com/blog-entry-223.html

より一部転載

↓↓

☆超オススメ情報☆
「放射性セシウムの長期摂取による体内残存量の経時推移 ICRP PUBLICATION111」

http://www.radiationexposuresociety.com/archives/877

【内容】

・毎日1ベクレル食べ物や水から摂取していても、
 2年後(700日)には200ベクレルほどの放射性セシウムが体内に蓄積する。

・毎日10ベクレル食べ物や水から摂取していると、
 2年後(700日)には体内の1400ベクレル超の放射性セシウムが体内に蓄積する。
 これを体重1kgあたりに換算すると
 ※60kgの大人⇒23ベクレル/kg⇒
 20〜30ベクレル/kg・・・心臓の細胞が侵され、不整脈がでるレベル
 ※15kgの子供⇒93ベクレル/kg!
 50ベクレル/kg以上・・・
 生命に関係する臓器(脳、心臓、腎臓、肝臓、脾臓、すい臓、など)が
 病気になり、命の危険があるレベル
【結論】
 文科省が2011年11月30日にいったん出した、
 学校給食40ベクレル/kg以下の食材しか使わないようにする、
 という趣旨の通知の基準は、ママたちにとってはBooBooBoo

posted by 虹色 at 09:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。