2012年04月06日

4/8(日)震災がれき広域処理に関する勉強会

いのちと未来を守るネットワーク@豊田
より転載

震災がれきは、アスベストや重金属、様々な化学物質で汚染されているといいます。
バグフィルターのメーカーによると、放射性物質の除去を想定して作っていないそうです。
それらを一般の家庭ごみを焼却する施設で燃やしてしまって、本当に大丈夫なのでしょうか?
また広域処理には税金が使われます。
被災地から遠い愛知県に運ぶだけでも、よけいな費用がかかるように思います。

このような状況になり広域処理についていろいろと調べましたが、自分自身の理解が足りないと感じました。ここで一度立ち止まり、広域処理についての勉強会を開催したいと思います。


講師として、昨年の震災以降、震災がれきの広域処理問題に取り組んでおられる【あざらしサラダ】さんこと、沢田 嵐さんをお招きして色々なお話を伺います。
(ブログはこちら→http://azarashi.exblog.jp/


がれきの広域処理…小さな疑問のある方
もっと深く学んでみたい!…更なる知識を高めたい方
わからないことばかり…話だけでも聴いてみたい方

一緒に学びお話をしませんか?

勿論、議員さんも大歓迎!!
市民の声…聴いてみませんか?



《震災がれきの広域処理について考えよう》

[日時]
4月8日(日)12時30分〜14時30分

[場所]
崇化館交流館2階 第1研修室 (豊田市昭和町2−46)
http://www.hm3.aitai.ne.jp/~ph10/

駐車場:50台
◎ 交流館の駐車場が満車の場合は、市営昭和町駐車場をご利用ください。(こちらの9番です→ http://tm-freeparking.com/
3時間無料の認証可


大きな地図で見る


[テーマ]
・瓦礫広域処理について
・法律面から見た問題点
・安全面から見た問題点
・予算面から見た問題点

[参加費]
無料(カンパ歓迎)

お子様連れの方も、お気軽にご参加下さい♪
お申し込みの際に、その旨をお知らせ下さい。
託児はございませんが、キッズコーナーを用意いたします。



[主催]
いのちと未来を守るネットワーク@豊田 管理人:あめにじかえる
いのちと未来を守るネットワーク@東郷 管理人:故蘭 (http://kodomonet-tougou.seesaa.net/

posted by 虹色 at 14:59| Comment(0) | 瓦礫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。